トップページ ≫ 整形外科のぎっくり腰治療

整形外科のぎっくり腰治療

ぎっくり腰とは引きおこしたくない疾患のひとつですよね。しかし、万が一にもぎっくり腰になってしまったとしたら安静にするのがいちばんの治療法です。ですが、病院へかかりたいというのであればまずは整形外科の専門医がいる病院にかかるといいでしょう。

 

診察では詳細な問診からはじまることになると思います。問診ではどういったことを聞かれるのかというと、ぎっくり腰になったときの状況やその後の経過といった話だけではありません。ふだんの生活習慣や仕事の現場についてや他の疾患との関連性を確認するといった意味からも色々な質問をされることでしょう。
ですので、もしぎっくり腰での腰痛以外にも気になっていることがあるのであれば医師に伝えてくといいでしょう。
また、アレルギーの有無などもしっかりと伝えるようにしましょう。その後、医師による触診にうつります。部位によって異なる痛みかたがあるのかなどを診察することになります。特に身体の左右で痛みや感覚に差がないかなどということを確かめられることになるでしょう。

 

そして、膝下やアキレス腱をゴムハンマーで軽く叩くなどの方法を使って、脊髄神経に異常がないかといったことも診断されます。診察に前後して、レントゲン検査や尿検査などを行うこともあります。結果、目立った異常が見られないのであれば、痛み止めの内服薬と消炎作用のある湿布薬などが処方されるでしょう。こうした対応が一般的なものです。

 

ぎっくり腰を起こしたときに打撲などをしてしまったときには塗り薬などを処方されることもあるでしょう。レントゲン検査の結果、椎間板ヘルニアや変形腰椎症、腰部脊柱管狭窄症、脊椎分離症、脊椎すべり症などの恐れがあると発覚したのであれば、MRIなどを使ってさらに詳細な検査をうけることになるでしょう。

 

診察や尿検査の結果から、ぎっくり腰はあくまでも急性の症状であるとされるとき、他の内科系の疾患との関連が心配されるときには内科での診察をすすめられることになるでしょう。また、ぎっくり腰の再発や慢性的な腰痛を防止したいというのであれば、整形外科のリハビリテーションを受けるのもいいでしょう。いずれにせよ、いちどは病院に行って、精密な検査をしておいてもらうのは後々のためにも安心できることでしょう。

Copyright (C) 2016 美白サプリの口コミ人気ランキング決定版 All Rights Reserved.